« まずは開設。 | トップページ | 業務システム低価格競争 »

グリーンITの波に乗って

コンピュータの省電力化によって電力コストを削減しようという動きが高まっている。
当然のことながら、省電力化によって直接的に経費(電力コスト)の削減が図れるのだが、昨今、電力の消費を抑えることでCO2の排出を削減する環境対策を主軸とた「グリーンIT」が話題を呼んでいる。
グリーンITとは「環境にやさしいコンピュータ」または「エコ環境を意識したコンピュータの使い方」のことを指す。
環境対策の流れはIT業界にも押し寄せてきた。

これは一つの大きなビジネスチャンスである。

この動向に前後して脚光を浴びている技術がある。
「仮想化技術」と「シンクライアント」である。
グリーンITはこれらの技術のビジネス化への追い風の一つになっている。
サーバ仮想化によって物理的なサーバの台数を減らすことができ、シンクライアントではクライアントの電力消費を抑えることが出来るからだ。
しかし、グリーンITによって促される現象はコレだけではない。
コンピュータを構成するハードウェアの部品一つ一つを省電力化し、トータルで電力消費を抑えようとする製造メーカの動きも活発のようだ。

大手企業は業界の流行を敏感にキャッチし、じっと様子を伺いながら、時期を見計らって一気にソリューションを展開する。
シンクライアントと仮想化技術を融合したソリューションがいい例かもしれない。
我が社のような小さな会社には難しいアプローチである。
しかし、このようなビジネスチャンスを確実にモノにしていくシナリオはいくらでもあると思っている。
サーバの設置場所や仮想化製品の適用、クライアントパソコンの比較的簡単なソフトウェア制御でもグリーンITは実現できる。

業界の流れは確実に省エネに向かっている。
細々としたサービスでこのチャンスをモノにしない手はないだろうと思う今日この頃である。

|

« まずは開設。 | トップページ | 業務システム低価格競争 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032222/20635049

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンITの波に乗って:

« まずは開設。 | トップページ | 業務システム低価格競争 »