« このままじゃヤバイ!日本の音楽産業 ~制限があるが故の芸術性~ | トップページ | セルフコントロール »

ボトムアップによるビジネスモデルのイメージ方法

ビジネスモデルやビジネスシナリオを考えていく上で、その思考パターンを2つに分けてみた。
1つは、大局的に物事を捉えてターゲットを定めていくトップダウン的なアプローチ
もう一つは、具体的な実装イメージや技術方法から抽象的なイメージを展開していくボトムアップ的アプローチ

ビジネスモデルをイメージするに当たって、私はこの両方のバランスが重要だと考えている。

たとえば、トップダウンの発想だけでは、現状の固定観念に囚われやすく、発想の限界を本能的に制限してしまうのではないか・・・
逆に、ボトムアップの発想だけでは、ビジネスを展開するターゲットを見誤ったり、せっかくの技術がお金の流れを生まないマーケット内で陳腐化してしまう恐れがあるのではないか・・・。

あくまで私の考えを勝手に述べているだけなのであしからず。

私はシステムエンジニアなので、どうしても技術ありきのビジネスシナリオを描きたくなるのだが、「こんなことが出来たらビジネスになるんじゃないか?」と思ういつもの思考パターンがある。

1.ある技術について発想をめぐらせる。
2.例えば、それが一般に利用されている無線LANだったとすると、、、
3.この無線LANを利用してなにかあたらしいビジネスを展開できないか?と考える
4.無線LANについて調査し、ある程度の仕組みを理解する。
5.自分の得意とする分野(たとえば音楽など)で、この技術を利用するとどうなるかを考える
6.音楽と無線LANの共通するものは何かを考えると、、、
7.デジタル情報が共通するものだと分かり、、
8.音楽データが無線で飛ばせることが思い立つ(だいたいこの辺から具体的なイメージを沸いてくる)
9.音楽情報を無線で飛ばせるなら、音楽情報を転送しているコードが不要になるということに気付き、
10.スピーカー配線のないオーディオコンポが出来るのではないかと思い、
11.さらに、従来のアンプ内臓スピーカに無線LANの機能をつければ、配線を気にせず、無線LANが届く範囲であればどこにでも置けるスピーカーが出来るというイメージも沸く
12.音楽データの情報量と、無線LANのデータ伝送量について調査すると、
13.現在の一般値として、音楽データはMP3圧縮フォーマットを利用することで128kbps程度で転送可能で、無線は54Mbps程度だとわかり、
14.圧縮技術を利用しない、CD音質の44.1KHz,16ビットでの音楽情報ですら難なく再生できることが分かり、音楽ソリューションが十分展開できるビジネスシナリオであることが分かる
16.例えば、自由な位置に自由な個数スピーカーを置いて、無線チャンネルを合わせることで、同じ音楽が一斉に流れるというシステムを組むことも出来る
17.従来ではアンプからコードを伸ばさなければならないので、大きな会場などだと限られたスピーカで比較的大きいボリュームで音楽を再生しなければならなかった
18.また、自宅のリビング、ベッドルーム、お風呂など、自宅のあらゆる箇所にデザイン性のある壁掛けスピーカなどをチョロっとかけておくことで、どこでも音楽やテレビの音声を再生することが可能になる
19.これらは配線が不要なので、全く工事費がかからない

などなど。

技術論から入るとどうしても、思い立った発想は具体性や実現性を帯びているが、てんでばらばらなソリューションになり一貫性がなくなってしまう。
このようなボトムアップでわいてきた具体的なソリューションイメージをトップダウン的なビジネス展開に当てはめていき取捨選択していくことが必要になるのではないかと思う。

高度な技術や類似技術のまだないような技術を基盤としたソリューションであれば、新たな商品を開発して販売するのではなく、ライセンス契約による売上にするなど、トップダウン的なアプローチによってビジネス展開の方向性を検討していく必要があると思う。

|

« このままじゃヤバイ!日本の音楽産業 ~制限があるが故の芸術性~ | トップページ | セルフコントロール »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032222/21954602

この記事へのトラックバック一覧です: ボトムアップによるビジネスモデルのイメージ方法:

« このままじゃヤバイ!日本の音楽産業 ~制限があるが故の芸術性~ | トップページ | セルフコントロール »